広告
フルールコミックス

恋だ愛だはさておいて After Story【第2話】の感想レビュー!※ネタバレあり

フルールコミックス
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

恋だ愛だはさておいて After Story【第1話】の読書感想文だよ。全44ページの番外編なのに、約1200文字も書いてしまった。長くてごめん。でも買う価値はある。

スポンサーリンク

恋だ愛だはさておいて After Story【第2話】あらすじ

いつものようにセックスをした翌朝、太一が見つけたのは藤が客からもらったという「誕生日プレゼント」だった。誕生日すら知らなかった太一は、藤に平日の夜にどこかに出かけようと誘う。太一が気にすると思わなかった藤は、「期待せずに待ってるよ」と言いつつ、美容院に行ったりなどしていたが…?

待望の「After Story」続編は、誕生日デート回♪

「今すぐぎゅってしてチューしてよ」

恋だ愛だはさておいて After Story【第2話】 /アマミヤ@KADOKAWA

【攻め】岡崎太一(おかざきたいち)ノンケ(のつもりの)サラリーマン

【受け】藤仁成(ふじひとなり)貞操観念ゆるゆるバーテンダー

感想

恒例(?)まず言わせてほしい。

表紙が中身を忠実に表している…!

左から、本編、After Story【第1話】、After Story【第2話】の書影なんだけど、どれもほんと表紙が中身の2人の関係性とか心情を表してるなあって思うんだよね。

個人的に好きな絵柄で言うと、After Story【第1話】→本編→After Story【第2話】なんだけど。でも、どれも可愛くて、中身の2人の関係と心情を如実に表しててとても好き。

表紙でここまで中身がわかる漫画ってなかなかないと思うんだけど。

で、肝心の中身です。

After Story【第1話】は視点が太一だったのに対し、

After Story【第2話】は藤くん視点のお話。

太一が、藤くんの誕生日を知らなくて、いつものようにセックスをした翌朝に、テーブルの上に置いてあった、藤がお客さんからもらった誕生日プレゼントで気づくという。

それで太一は、誕生日のお祝いにと、一緒にどこかに出かけようと約束するんだけど、結局、藤に仕事が入って延期に。

今回はねえ、太一が藤の予想を上回る良い動きをするので、いつもとは反対に藤が押されてる感ある。

藤は全然誕生日とか期待してなかったんだけど、でも太一が誕生日のお祝いに一緒にどこかに出かけようと提案してきたり

藤は、太一は気づかないだろうなと思ってた、藤が髪切ったことに目ざとく気づいたり

サプライズでセンスの良い誕生日プレゼント用意してたり。

極め付けは、藤に「頑張ったな」って言って「もっと我儘言ったりさらけ出したりしても良いんだぞ」って伝えるんですよ。

After Story【第1話】で指摘された自分の反省点をしっかり直してきたよね。

ちゃんと、藤が言わない本心に歩み寄って、寄り添ってる。

元来、太一も良い男なんだろうなっていうのがAfter Story【第2話】だった。

これまでは、彼女をおざなりにしてきたみたいだけど、それは単純にその子たちのことを「好き」じゃなかったんだろうな。

今回は、ちゃんと藤のことを「好き」だから、自分のダメなところを直して藤にちゃんと向き合ってるし。

ところで、情事のあとに、太一が藤くんを後ろから包むように抱きしめるシーンがあるんだけど、本編描きおろし「あの夜のこと」のシーンと重なって(詳しくは、本編描きおろし「あの夜のこと」の感想ページで読んでみてね)

しかもその時の藤くんの表情が、それを思い出してる感じで、感慨深かったです。

冒頭で「表紙が中身を忠実に表している」って言ったんだけど、理解してもらえただろうか。

After Story【第2話】では終始、どっちかというと、自分のダメなところを直して変わった太一に藤が驚かされる感じがあるじゃないですか。

本編とかAfter Story【第1話】の表紙では、藤くんの奔放さが際立ってたと思うんだけど、After Story【第2話】では藤くんの照、安心したようなれたような表情が印象的で。

かつ、さっき言った、太一が藤くんを後ろから包むように抱きしめるシーンも相まって、うまく表してるなあって。

試し読みはこちら

Amazon → https://amzn.to/3nECycy

タイトルとURLをコピーしました