腐女子が語る『相乗フライアゲイン』の感想レビュー!※ネタバレあり

BL漫画レビュー
スポンサーリンク

腐女子がお送りする『相乗フライアゲイン』の読書感想文だよ。仕事モノなんだけど、こういう仕事を一生懸命かつ楽しそうにしてる人は魅力的で惹かれるなあ。恋愛に臆病になってたゲイの受けの心を、ノンケの攻めくんが溶かしてく感じがすごくよかった。

『相乗フライアゲイン』全体のあらすじ

優しく時に厳しく後輩を指導し“おキク姉さん”の愛称で親しまれているJAWの敏腕整備士・菊澤芳幸。恋愛対象が男であることを公言しているせいか、恋多きオネエに見られがちな菊澤だが「機体が恋人」が口癖で仕事に私情は一切持ち込まないという徹底ぶり。それでもついて回る噂に辟易していたときに出会ったのは、若きマーシャラー・舞鶴岳だった。ゲイであることで距離を置かれることもある中、妙に懐かれたかと思いきや、ついには面と向かって迫られるようにまでなってしまい…!?

相乗フライアゲイン/むないた@ジュリアンパブリッシング

【攻め】舞鶴岳(まいづるがく)…マーシャラー、ノンケ

【受け】菊澤芳幸(きくさわよしゆき)…整備士、ゲイ

1話あらすじ・感想

この『相乗フライアゲイン』は、同じ作者のむないたさんが2018年に描いてた『相対フライトサイン』のスピンオフ的な位置づけで、1話では『相対フライトサイン』の主人公2人も登場する。

あ、別に『相対フライトサイン』を読んでなくてもこの作品だけでももちろん楽しめる、けど、併せて『相対フライトサイン』も読むと、さらにグランドハンドリングサービスのことが良くわかるかも。

主人公(受け)の菊澤は、仕事に真摯的で後輩にも優しい優秀な整備士なんだけど、ゲイというだけで専門学校時代から今日に至るまで、陰口されたりしてきた。

1話では、そんな菊澤と、ベテランのスタッフが抜ける後任として入ってきた舞鶴岳との出会いが描かれてる。

ゲイの人の陰口とかしてる人をBLで見るといつも思うんだけど、ゲイってだけでそんなに陰口の対象になるもんなのかな、現実って。私は別に友達が同性愛者だったとしても別にそれがおかしいことだとか思わないし、それで陰口とかもしたりしないけどなあ。。

2話あらすじ・感想

菊澤が昔の男に言い寄られてるとこを助けたり、仕事中に菊澤によく声をかけたり、仕事終わりに雨が降ってきた時に菊澤を送ったり、菊澤デートに誘ったりなどなど、舞鶴くんが菊澤にアプローチを始める2話。

イケメンにこんなアプローチされるの最高すぎるな。。しかも、広い空港の整備関連施設の中で、いつもしっかり菊澤を見つける舞鶴くんがすごい。愛じゃん。

菊澤が手をケガすることがあって、舞鶴くんが手当してくれてる時に、菊澤の手にキスするんだけど、それがなんか神聖な雰囲気でグッときた。手にキスってなんか荘厳な感じしない?気持ちがこもってるというか。

3話あらすじ・感想

実は菊澤は、学生時代の同級生で会社の同期でもある原田のことがずっと好きだったんだけど、でも友達以上の関係には踏み込めなくて、そのまま原田は結婚。いまでは子供もいる父親で。でも今も好きで。というなんとも切ない恋愛事情…。

この原田さんもさあ、菊澤の小さい変化にも気づく人で、割とよく気にかけてて。こんなにお互いに大事に思い合ってるのに、それでもその大事は違う大事でさあ…。切ない…。

もしかしたら、菊澤が告白してたら、また違った今があったかもしれないけど、でも友情としての関係を壊してまで気持ち伝えるのってまじ恐怖だし相当勇気いるよね。自分だったら無理かも…。

4話あらすじ・感想

菊澤と舞鶴くんのデート回。

もうさ、とにかく攻めの舞鶴くんが魅力的すぎるんですよ。。イケメンで明るくて。仕事一生懸命頑張ってて、かつ、楽しそうで、周りの士気を上げるほどの人格者だし。仕事以外でも、気配りもできてデートもスマートで爽やかで、しかも余裕もあると。

家で漫画ばっか読んでる私のような人間には眩しすぎる…。

デート終盤で花火見ようとしたところに雨が降ってきてホテルに入るシーンがあるんだけど、別に性急に事を進めるわけでもなく、ベッドの上でただ抱きしめて眠るポーズのみという紳士ぶり。しかも、ホテルに誘った理由が、雨宿りと、あと菊澤が睡眠不足だと気づいてたからという。

舞鶴くん、若いのにまじで気がつきすぎてやばい。割とやんちゃな感じなのに、包容力もあるし…。

あと、舞鶴くんの「俺にしとけばいいのに」っていうセリフが刺さりすぎた。このセリフって、主に少女漫画とかで当て馬(言い方)がヒロインに向かって言うセリフだと思うんだけど、舞鶴くんが言うとまあ説得力のありすぎるセリフに早変わり。

5話あらすじ・感想

なんというかさ、言いづらいんだけど、菊澤は舞鶴くんをフるんですよ…。え…?って思うんだけど、でもまあ恋に臆病だから仕方ないのかなあ。でもさ、前までは原田さんのことで切なそうな顔してた菊澤が、最近では舞鶴くんのことばっかり考えてるんだよ?もうそれって好きじゃん。

原田さんの時は向こうからアプローチされてたわけじゃないから行動起こすのも躊躇われただろうけど、今回は向こうが好きって熱烈アプローチかけてきてるのに、断っちゃうのか…。勿体無い…。私はあんた(菊澤)に幸せになって欲しいんだよ…。

またまただけど、舞鶴くんの「俺もアンタの幸せの中に入りたいんだけど」っていうセリフが刺さりすぎた。ううううう、わかるうううう…。(呻き)

一見フレンドリーでオープンそうな人でも、割と既に自分の世界を完成させてしまって閉ざしてる人いるよね。「ああ、この人好きだな。仲良くなりたいな。」って思っても、入る隙間がないというか。そういうのってすごい切ないんだよなあ。

こっちからアプローチしたら優しいからご飯とか遊びとかも付き合ってくれたりするけど、でも向こうから誘われたりとかはなくて、自分はこの人の世界の中には入れないんだなって思わされる。

この作品、舞鶴くんのセリフが私に刺さりすぎてるんだよな…。

でもね、菊澤がフったあとにはまだ続きがあって、舞鶴が出張してる那覇空港でスタッフが事故に巻き込まれたって聞いて、それが舞鶴くんかもって焦って菊澤が那覇に飛ぶんですよ。そいでね、頭で考えるより先に動いた体に、菊澤もさすがに自分の気持ちを認めて、舞鶴に好きって言うの。

ああああよかったねえええええ。もうさ、これまで恋愛で報われなかった菊澤が、こんなイケメンのいい男と結ばれてほんと嬉しいんですよ。。それだけで読んだ価値があるってもんだ。。

ちなみに舞鶴語録はまだあって「このまま帰したくないって言ったらどうしますか」っていうのも萌えた。

「このまま帰したくない」だけだと、ちょっとスパダリにしか許されない感を感じちゃうんだけど「ーって言ったらどうしますか」があることで、多少の年下の少年感というか忠犬感が出ててとても良い。舞鶴くんらしいセリフだなと思える言い回しだった。

書き下ろし&初回封入ペーパー&電子書籍購入特典の感想

2人が付き合ってからのエピソードが少し。もう微笑ましすぎて幸せすぎてほんとありがとうございます……。

『相乗フライアゲイン』まとめ

舞鶴くんの顔が、チョット『セックスセールスドライバー』の受けの羽瀬さんに似てる…。舞鶴くんの顔が好きな人は見てみて、多分好きだよ。仕事ぶりの良さも似てる。

試し読みはこちら

Amazon → https://amzn.to/3BhzFo5

Kindle Unlimitedなら無料で読めるよ(初月無料)→ キンドルアンリミテッド

(2021年7月時点ではKindle Unlimitedに本作品掲載されてたけど、もしかしたら時期によってはもう入ってないかもなので、一応確かめてね。)

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました