放課後、恋した。【1巻】|あらすじ&ネタバレ感想

少女・女性漫画
スポンサーリンク

2020年4月24日発売の月間デザート6月号にて完結した人気作「放課後、恋した。」1巻のネタバレ&感想です。

放課後、恋した。©︎満井春香

放課後、恋した。|概要とあらすじ

放課後、恋した。|概要

「放課後、恋した。」は、月間デザート(小学館)で連載が完結した、満井春香・作の少女漫画。既刊7巻で、最終8巻は2020年6月11日に発売予定。2020年4月24日発売のデザート6月号にて完結しました。

放課後、恋した。|あらすじ

放課後、恋した。©︎満井春香

個性もなくて学校で打ち込むこともない女子高生の夏生(かお)。ある日、男子バレー部の監督をやっている兄に、「久世渚を入部させる」までマネージャーをやるように命令される。でも、久世くんは夏生の勧誘を完全無視!? そんなある日、真剣な顔でたったひとり自主練する久世くんの姿を目撃してしまって…! 大ヒット作品「あたし、キスした。」の満井春香 初&大型連載!! まぶしすぎる恋と放課後、始まります!

放課後、恋した。©︎満井春香

主人公は、夢中になれるものが見つからないまま高校生になったJK・葉山夏生(はやま かお)。中学生の頃には、3年間好きだった男の子に名前さえ覚えてもらえておらず、自分のことをいてもいなくてもいい存在だと思っている女子です。

そんな夏生は高校生になって、久世渚(くぜ なぎさ)という同級生に出会います。彼が放課後にバレーボールの練習をする姿を見てその美しさに心を動かされ、彼との出会いによって夏生も自分を変えて人に影響を与えて、夢中になれるものを見つけて青春するストーリーです。

放課後、恋した。|1巻ネタバレ感想

放課後、恋した。|1巻第1話|入部希望|ネタバレ

高校1年生の葉山夏生(はやま かお)は、高校教師兼バレー部顧問である兄の命令により、男子バレー部の臨時マネージャーをさせられています。そして、久世渚(くぜ なぎさ)というバレーのうまい同級生を部にスカウトしてくるように、というミッションも。

夏生は、夢中になれるものが見つからないまま高校生になったJK。中学生の頃に、3年間好きだった男の子に名前さえ覚えてもらえておらず、自分のことをいてもいなくてもいい存在だとさえ思っています。

それゆえ、マネージャーをしながらバレー部のみんなが、汗を流して部活に一生懸命に打ち込む様子を見て、「キラキラしてていいなあ」と羨ましく思う夏生。自分だけキラキラしていないことに劣等感を持っています。

学校で見かけるたびに久世をバレー部に誘う夏生でしたが、久世はのらりくらりと夏生をかわし、「キスしてくれたら入部する」などという冗談もを交えながら、一向に入部しようとはしません。

そんな折、夏生は、校舎裏で1人バレーの練習をする久世を見かけます。その姿があまりに美しく、見入ってしまう夏生。久世がバレーが嫌いではないことを知ります。

実は、久世がバレーをやらないのには理由が。中学生時代のある試合での後悔によるものでした。久世は夏生の勧誘に、シューズももう捨てたから、と言います。

久世が本当はまだバレーがやりたいのではないかと感じた夏生は、久世が捨てたシューズを探し出し、久世に渡します。

余計なことをするなという久世に、「本当はバレーがやりたいと思ってるでしょう?」という夏生。自分には夢中になれるものがないから、夢中になれるものを持っている久世が羨ましいと、涙をこぼします。

夏生の心の叫びを聞いて心を動かされたのか、翌日、夏生にバレー部の入部届けを渡しに来る久世。そして、「人から羨ましがられるまでマネージャー続けてみれば?」と言いました。

放課後、恋した。|1巻第1話|入部希望|感想

人が何かに夢中になっている姿って、惹かれるものがあるよね。部活を頑張っている人だったり、仕事を頑張っている人だったり。。夏生が、久世のバレー姿に見とれたのもそんな感覚だったんだろうな。

私も夢中になれるもののない学生時代を過ごしたので、夢中になれるものを持っている人が羨ましい、という主人公・夏生の気持ちが痛いほどわかる。

夏生は、最初は兄の命令という受け身の姿勢で久世のバレー部勧誘に取り組んでいたが、久世のバレー姿に見とれたことをきっかけに、久世に興味を持ち、シューズを探し出すという行動を自分で起こして、最終的に久世の心を動かす。

そして、最終的には久世の「やってみれば?」という言葉でマネージャーに打ち込むことに決めた夏生だが、久世からその言葉を引き出したのは夏生自身。

何かを変えるためには、意思を持って行動を起こすことが大事なんだと、改めて思わされた。

色々な記事を読んでいても、現代においては、学生だけでなく社会人でも、夢中になれるものがない人は多いと感じる。「放課後、恋した。」は、夢中になれるものがない人が、読めば1歩踏み出す勇気がもらえる作品だなあと感じた。

放課後、恋した。|1巻第2話|約束|ネタバレ

久世の言葉がきっかけで正式に男子バレー部のマネージャーになった夏生でしたが、想定以上のマネージャー業務の忙しさに毎日夜遅くまで居残りすることになります。

そんな夏生に、早く帰ればいいのに、と言う久世。

しかし、好きなものが見つかるまでとことんやると決めたのだと夏生は言います。何もしなかったら何も変わらないから、と。そして夏生は、久世のバレー姿を見た感想を弾けるような笑顔で伝えます。

それがきっかけとなったのか、バレー部への入部を拒んでいた理由を夏生に打ち明ける久世。中学時代のバレーの引退試合、自分のミスで負けたとのことでした。

「高校でリベンジできるかな」とつぶやく久世に、できる!と自信満々に答える夏生。バレーをしている久世を見ていたいと伝えます。

久世はそんな夏生にお礼を言い、お前が言ったこと忘れないから、と笑うのでした。

ある日の練習休憩中、いつも通り夏生をからかう久世は、唐突に夏生のおでこにキスをして言います。「キスしたら入部するって約束じゃん」と。

放課後、恋した。|1巻第2話|約束|感想

キスをしたことからも察するように、久世は夏生のことが気になっている様子です。

久世はもともとイケメンで余裕もあって女子からモテるタイプ。それがなぜ夏生に心惹かれるようになったか考えてみると、

・好きな女子がいなかったから

・自分に真剣に向き合ってくれたから

・やると決めたら一生懸命頑張る姿を見たから

というところかなあと思う。それが久世にとって他の女子とは違うと感じて刺さったポイントなのかな。

まあでも3つめは久世が夏生を見ているからこそわかることだから、やっぱり”自分に真剣に向き合ってくれたから”っていう部分が刺さったのかな。久世の周りには他にそういう女子がいなかったから?

男子諸君は、どういうきっかけで特定の女子を意識し始めるんだろう?

また、夏生は、久世のバレー姿にときめきを感じたわけだけれども、そういうものに出会えるっているのは素敵なことだなあと思う。ただ生きてるだけじゃ出会えない気がするから。

日頃から感度高く自分の感情を揺さぶるものにアンテナ張ってることって大事だなと思う。

協調性を求められる日本において自分の感情を押さえつけて生きてる人って多いと思うけど、普段から自分の感情に蓋をしすぎてると、感情に対する感度が下がってくるらしいから、意識的に自分の感情に素直になるようにしてたいね。

放課後、恋した。|1巻第3話|Q&A|ネタバレ

「葉山さん、オレとつきあって」

なんていうドキッとするセリフで始まる2話。

ある日、夏生は久世と桐生(きりゅう)に連れられて部活用のジャージを買いに行きます。桐生は、久世と同じく男子バレー部の1年生。久世と並んで女子人気の高いイケメンです。

夏生がジャージは買わないことに疑問を感じ問いかける久世。すると夏生は、コートに立ってないし大して役にも立ててないから着ても似合わないと言います。

ジャージを買った帰り、久世と桐生に連れられて、桐生の実家である定食屋”あさひ食堂”でご飯を食べる夏生。

”あさひ食堂”の”あさひ”は桐生の名前からきているのだという話を聞きます。恥ずかしいという桐生に対し、いい名前だと言う夏生。桐生はその言葉に嬉しそうな顔をします。

ご飯を食べた後、夏生と久世はお代の代わりに皿洗いをすることに。洗い物で濡れそうな夏生の袖をまくる久世。抱き抱えられるような体勢に、夏生はドキっとしてしまいます。

もっと久世のことを知りたいと思う夏生は、久世に、どうしてバレーを始めたのかと問います。兄がやっていたからだと答える久世。久世のことを知れるだけでどうしてこんなに嬉しくなるんだろう、と思う夏生でした。

そして、そんな2人を影から見つめる桐生くん。

あさひ食堂からの帰り道。夏生と久世が歩いていると急に雨が降ってきます。

橋の下で雨宿りをする2人。寒そうにする夏生に、久世は買ったばかりのジャージを着せて「似合う」と言います。「コートに立ってバレーをしてなくても、十分に部の一員だ。もっと自信を持っていいんじゃないか」と。

久世が自分を見ていてくれたことに嬉しくなる夏生でした。

放課後、恋した。|1巻第3話|Q&A|感想

久世も桐生もイケメンなんですよ。だから、そんな2人が放課後に誘いに教室にやってくるというシーンがなんとも羨ましい!これぞ女子の憧れのシチュエーション。

この話の大きな見所は3つ。

1つは、桐生が夏生のことを好きなんじゃないかと思わせられるところ。

そして2つめは、久世のプレイボーイ感。

3つめは、頑張ってはいるけど部の一員として自信が持てない夏生だったけど、久世がその頑張りを見ていてくれたことを知って嬉しくなるところ。

まず1つめ。

この話では、桐生が、自分の名前を褒めてくれる夏生にちょっとどきっとした表情を見せたり、じゃれ合う夏生と久世を影から見つめたりするシーンがあります。

久世と夏生は、今やお互いに気になる存在。そこに桐生の登場で、思わぬ三角関係の予感!?

また、これまで夢中になれるものもなく自分に自信がなかった夏生がイケメン2人に急にモテ始めるという、女子憧れの展開にも注目。

そして2つめ、久世のプレイボーイ感。

ジャージ買いに行って夏生にハダカを見せるところとか、洗い物で濡れそうな夏生の袖をあすなろ抱きスタイルでまくるところとか、雨に濡れた夏生に自分のジャージを着せるところとか。

女子がドキッとする要素を的確に押さえてくる久世にときめき必至。

そのまま3つめ。夏生が頑張っていることを見ていてくれた久世。

誰しも人生の中で、人知れず頑張っていることってあるじゃないですか。それを見ていて認めてくれる人がいるっているのは、ほんっとに嬉しいこと。

頑張った甲斐があったな、と思えるし、これからも頑張ろうとも思えるよね。でもなかなかそんな人っていないんですよ。だからこそ、を見ていて認めてくれる人に出会えたときの喜びはひとしお。

そういう人がいるっていいなあ、自分の出会いたいなあ、と強く感じる話でした。

放課後、恋した。|1巻第4話|2人の土曜日|ネタバレ

自分なりに頑張ってはいるものの、相変わらずテーピングもろくに巻けず、スコアブックも書けない夏生。

バレー部監督でもある兄に役立たずと言われながらも、コートでキラキラと輝く久世に追いつきたい一心でマネージャーの仕事に打ち込みます。

ある日、マネージャーの仕事でミスをして部長に怒られてしまう夏生。

落ち込む夏生は、帰り道、指が痛いから病院に行くという久世に遭遇し、一緒に病院に行くことになります。

バスで揺られながら病院に向かう2人。

しかし、病院のあるバス停に着いても久世はバスを降りず、指が痛いというのは嘘だったことがわかります。

怒る夏生でしたが、「もう少し乗ってて」という久世の言葉に座席に座り直し外を眺めていると、トンネルを抜けた先に海が広がっていました。

美しい海の光景に見惚れる夏生。

「悩んでること、どっか行っちゃうでしょ」と言う久世に、久世が自分を励まそうとしてくれたことに気づくのでした。

感動する夏生をからかいながら、夏生のことを「ほっとけない」と言う久世。

夏生は、自分の中が久世でいっぱいになっていくのを感じました。

放課後、恋した。|1巻第4話|2人の土曜日|感想

一生懸命やっていても、うまくできないこともあるし、ミスをしてしまう時もあるじゃないですか。

でも真面目な人ほど、うまくできないことにもちょっとしたミスにも凹み、自分はなんてダメなんだと感じてしまうもの。

そして、一生懸命やっていることをちゃんとみてくれている久世。

さらに、1人頑張る夏生に寄り添って手を差し伸べてくれる久世。

こんなことされたら恋しちゃうよねえ。

真面目な人ほど特に、一生懸命やっているのにうまくできなくてミスをしてしまう夏生の気持ちがすごくよくわかると思うし、そんな自分を見ていて手を差し伸べてくれる久世の存在の尊さを感じられるだろうなあと思った。

放課後、恋した。|2巻のネタバレ感想

「放課後、恋した。」2巻のネタバレ感想はこちらから↓

放課後、恋した。をおトクに読む方法

放課後、恋した。©︎満井春香

放課後、恋した。を無料に読む方法

「放課後、恋した。」の第1話は、WEB版のデザートで無料で読めます。

デザートはこちら → 放課後、恋した。

放課後、恋した。をおトクに読む方法

それ以降のストーリーをおトクに読む方法は大きく2つ。

1つは、動画配信サービスにお試し登録して読む方法。

もう1つは、電子書籍販売サイトにて、割引やクーポン・セールを駆使して割安で購入して読む方法があります。

動画配信サービスや電子書籍販売サイトの詳しい比較ついて、もっと詳しく知りたい場合はこちら(↓)をチェック!

もちろん、Amazon・楽天でも購入可能です。

個性もなくて学校で打ち込むこともない女子高生の夏生(かお)。ある日、男子バレー部の監督をやっている兄に、「久世渚を入部させる」までマネージャーをやるように命令される。でも、久世くんは夏生の勧誘を完全無視!? そんなある日、真剣な顔でたったひとり自主練する久世くんの姿を目撃してしまって…! 大ヒット作品「あたし、キスした。」の満井春香 初&大型連載!! まぶしすぎる恋と放課後、始まります!

まとめ

「放課後、恋した。」は、こんな人におすすめ。

  • 夢中になれるものを見つけたいのに見つからない
  • 一生懸命頑張っているけどうまくいかない・ミスをしてしまう
  • 頑張ることに疲れた

こんな人が読むと、元気になれて、また頑張ろうと思えてくるエッセンスが詰まった漫画です。上記にあてはまる方にはぜひ読んでみて欲しい!

そして読んだ方は感想をコメントに書き込んでくれると嬉しいです。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました