「コンビニで君との5分間。」を全力で語る|あらすじ&3つの魅力

漫画魅力紹介
スポンサーリンク

「コンビニで君との5分間。」(作・一永のぞみ)は、Twitterでの公開がきっかけで話題になった作品。「焦れすぎて悶える」と人気のラブコメです。現在は、ヤングガンガン(スクエニ)で連載中。単行本は2巻まで発売されています。

この記事では、そんな「コンビニで君との5分間。」を全話読む筆者があらすじとその魅力を紹介します。

コンビニで君との5分間。|概要・あらすじ

コンビニで君との5分間。|概要

「コンビニで君との5分間。」(作・一永のぞみ)は、Twitterでの公開がきっかけで話題になった作品。「焦れすぎて悶える」と人気のラブコメです。現在は、ヤングガンガン(スクエニ)で連載中。単行本は2巻まで発売されています。

コンビニで君との5分間。|あらすじ

Twitterで話題の焦らされピュアコメディー、待望の単行本化! 仕事帰りにコンビニへ寄るのが楽しみのOLさん。OLさんになぜか心をかき乱されるポーカーフェイスの高校生バイト、柴崎くん。一見、スマートな二人なのに、カッコつけたくて…認められたくて…癒やされたくて…悩んだ末に全力ですれ違っちゃう――!!? 【新規描き下ろし】も収録した、ごほうびみたいな5分間をお届けします♪

Amazon©︎コンビニで君との5分間。

あらすじの通り、舞台はとあるコンビニなんですね。そこで働いてる、真面目系男子高校生の柴崎くんと、身長が低くて可愛い常連のOLさんのお話。

コンビニを中心に繰り広げられる2人のラブコメがめちゃくちゃ可愛くて、すごくほのぼのする作品です。1つのエピソードを2話にわたって、柴崎くんサイドとOLさんサイドの2通りで楽しめるので、2人の行動の理由や心の動きがわかって2度楽しめます。

しかしながら、柴崎くんサイドとOLさんサイドどちらも体感できるがゆえに、2人のすれ違いがもどかしい!でもまたそれがイイ!

コンビニで君との5分間。|2人の出会い

コンビニで君との5分間。©︎一永のぞみ

柴崎くんは、ある日のバイト中、身長の小さなOLさんがコンビニの上の方の棚の商品が取れなくて必死につま先立ちしている状況に遭遇します。

可愛いからほっといてずっと見ときたい。と思いながらも取ってあげる柴崎くん。

するとOLさんは、柴崎くんを見て「たく…」といいかけます。

たくって何だ?誰だ?と戸惑いながら、向けられるOLさんの笑顔に、柴崎くんは恋をしてしまうのだ!

OLさんが言いかけた「たく…」の正体は、実は人間ではなく、OLさんが飼っている猫。名前をたくあんというその猫が、なんとも柴崎くんにそっくりだったから、思わず口に出てしまったよう。

柴崎くんにとっても衝撃の出会いだったけれども、OLさんにとっても素敵な出会いだったようで、OLさんは柴崎くんの働くコンビニの常連さんになります。

コンビニで君との5分間。|魅力

コンビニで君との5分間。の魅力①柴崎くんが純情

OLさんに(無自覚に)恋して以来、OLさんの来店に期待する柴崎くん。

OLさんとの小さな絡みで嬉しくなっちゃう柴崎くんが素直で純情でとても可愛いんです。

コンビニで君との5分間。の魅力②OKさんが可愛い

コンビニで君との5分間。の魅力③主人公2人のすれ違いがおもしろい

コンビニで君との5分間。©︎一永のぞみ

2人は、お互いに気になる存在なんですよ。

柴崎くんは(無自覚の)恋心。

OLさんはペットに似てるからお気に入りなんだと思いつつも、柴崎くんが女の子といるところを見てちょっとドキッとしちゃうあたり、きっと男の子としても気になってるはず。

なんだけど、それぞれお互いに、相手には意識されてないだろうと思ってるからすれ違う関係。

2人のベクトルが向かい合っていて、かつスピード感も似ているところがイイ。

まとめ

以上が「腐男子家族」の魅力ポイントです。コミカルなので、BL好きだけでなく、「BLちょっと気になってはいるけど見たことない…」というBL未経験者でも楽しく読めるはず。あるあるネタに共感しながら、腐男子な家族3人を中心に巻き起こるストーリーの展開も気になる!

基本的にハッピーなお話なので、悲しい系が苦手な人でも安心して読めますよ。

Twitterで「コンビニで君との5分間。」読者の感想をチェック

コンビニで君との5分間。を無料で読む方法

コンビニで君との5分間。は、ヤングガンガンで連載中。ということで、スクウェア・エニックスの漫画が無料で読めるアプリ「マンガUP!」で無料配信中。1日に数話ずつ、無料で読めます。

ダウンロードはこちらから → マンガUP!

コンビニで君との5分間。は現在、既刊2巻。

コミックでまとめて読みたい方はこちらからどうぞ。

漫画魅力紹介
スポンサーリンク
スポンサーリンク
hiroseをフォローする
恋するエンタメ

コメント

タイトルとURLをコピーしました