「今からあなたを脅迫します 4話」ネタバレあらすじ

澪(武井咲)が7年前に交通事故で亡くなった両親の墓参りをしていると、見知らぬ男が墓参りにきます。
名前は國枝友基(森田甘路)といい、教師をしていた母の七海(石田ひかり)の教え子ということでした。
國枝は、問題児でしたが、七海が励ましてくれたことに感謝しており、好きだった自動車の整備工になりました。

國枝は澪に、”7年前の交通事故で本当に悪い奴は別にいる、あいつは罪も償わないで、のうのうと”といって去っていきます。

國枝のつぶやいた言葉が気になる澪は、脅迫屋の事務所を訪れて、栃乙女(島崎遥香)の好きなスイーツを餌にして調査をたのみます。
千川(ディーン・フジオカ)は、澪が帰った後に栃乙女に何かと聞くが、栃乙女も教えません。

澪のアパートの隣に住む親しくしている京田(鈴木伸之)は、澪の部屋の盗聴をしており、不気味な笑いを浮かべます。

國枝が傷害事件を起こして逃走します。
國枝とメールのやりとりをしていた澪が警察で事情聴取を受けます。
澪は警察で、國枝が添島邦昭(前田公輝)という男を襲ったようです。
添島は、7年前澪の両親を奪った自動車の持ち主で同乗者でした。
國枝は逃げる時に、次は必ず殺すといって逃げたようです。

任意の事情聴取が終わり、別の部屋にいくと、部屋には国会議員の新戸部(袴田吉彦)が待っていました。
新戸部は、祖父の轟(近藤正臣)が、澪を心配しているといって、澪を迎えにきたようです。

澪は、確執のある轟の家で会います。
轟は澪に、警察のことには関わるなといいますが、澪が國枝が母親の教え子なのでほおってはおけないと話すと、余計なことに首をつっこむなと澪を叱りつけます。
さらに轟は澪に、そんなやつに情けをかけてもお前のためにはならんというと、澪は、あなたのような方とは、わかりあえることはない、といって部屋を出ていきます。

澪のアパートの部屋の前にいる千川に、京田がストーカーですかと聞いているところに、澪と新戸部が帰ってきます。
新渡戸は京田や千川に軽く挨拶をして帰っていきます。

栃乙女の調査では、7年前の飲酒運転で交通事故を起こした犯人の大西という男は服役を終えた後、添島の父が経営するSJマテルアルという会社に就職し、会社で相当な出世をしていることがわかります。
千川は、交通事故を起こしたのは添島で、大西は添島の身代わりではないかと考えます。

澪がカフェで添島と待ち合わせをおり、澪の背中合わせに千川が座っています、
外では目黒(三宅弘城)の車が待機しています。

添島が来て、あの事故は、俺の車を盗んだ外国人のやつがやった、といいます。
澪が、何のことか問うと、添島がこの前の事故の話じゃないのか、といいます。
添島は、7年前とか違うひき逃げ事件を起こしていたようです。
澪は、7年前の交通事故で死んだ金坂遥平と金坂七海の娘で、國枝は母の生徒であることを告げます。
添島は、そっちかと言いながら、運転してたは自分で、買ったばかりの新車で、酒を飲んで運転していたが、証拠もないし、犯人は罪を償ったじゃないかと開き直ります。

澪は、添島に自主をすすめるが、逆にお前も同じ目に合わせるぞといわれます。
千川が、添島に、國枝を脅迫しませんかと持ち掛けますが、添島は、裏稼業の知り合いなら間に合ってると、コーヒー代を置いて立ち去ります。

出て行った添島を、背後から國枝がナイフを持って忍び寄るところを、目撃した澪は國枝に声をかけ、仕損じた國枝は逃げていきます。

事務所で、千川は、添島は、裏稼業の知り合いなら間に合ってる、と言ってたので、おそらくひき逃げ事件についても、掃除屋に頼んだんだろうといいます。

千川達脅迫屋の3人は、掃除屋を頻繁に使用するやつに、掃除屋を紹介してもらおうとすることにします。

ある床屋に、千川がいて、その隣には、不破組の組長不破(小沢仁志)がいます。
千川は、不破の愛人のペットのアンジェリカとでれでれの写真を見せて取引し、掃除屋を紹介してもらいます。

添島はある掃除屋に、事故の後に仕事を頼んだ。

千川達は、掃除屋らは、依頼者の現場写真を取っておくので、その写真を手に入れます。
千川は、國枝を捕まえて、依頼料は手持ちの金でいいから、俺達に添島の脅迫を依頼しないか、添島を殺してやると持ち掛けます。

脅迫屋らは、添島を拉致し、椅子に手錠で拘束します。
その場は、國枝がおり、澪も呼ばれてやってきます。

千川が、添島に罪を認めるよう脅迫します。
添島は、証拠がどこにあるのかと開き直ります。

添島は、事故の車の修理に、國枝が修理工をしてる工場に持ち込んだ。
そこで、添島が7年前の事故のことなら大西に口止めしていると電話でのやりとりすることを、國枝が聞いていたのだ。

千川は、高濃度のアルコールで事故死を装うが、後始末はちゃんと事故死にするといって、注射針を見せます。
千川は澪にするように言いますが、澪は命は償えないというと、國枝が俺がといいますが、澪は國枝に、”未来は自分で選べます”とさとします。
この言葉は、澪の母七海が國枝にもいっていた言葉です。
國枝と母の思い出を、もっと聞かせてほしいと、澪は國枝にいいます。

千川は添島に、自首するか、それとも命で償うかと脅迫します。

添島は、自首をします。
國枝は、添島を襲ったとして出頭します。

千川は國枝に添島の脅迫を持ちかけたとき、”望みどおり添島を殺してやるよ、ただし『社会的』にな、そして澪に、ケリをつけさせてやってくれ”といっていたのでした。

澪の隣の京田が不気味に笑いながら、新戸部と話しています。
京田はりんごを持っておすそわけにといって、澪の部屋に入ります。
澪が倒れていて、京田がりんごをかじっています。

澪の祖父轟の部屋に、千川がいて、”どのような脅迫を、ご依頼でしょうか”ときいています。

澪の両親を交通事故で殺した添島を自主させることができ、澪の母七海が励ましていた國枝を殺人者にしなかったのは、七海の教えで、これからの未来を自分で切り開いていくようにとのことでした。
新戸部と京田が何かを考えているようです。
一方、澪の祖父轟が千川を呼び出して、何の脅迫を依頼するのでしょうか、これからの展開が楽しみです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする